姑と自然に縁が切れる出来る赤ペンを使ったおまじない

赤ペン、歯ブラシ、紙コップ、赤い折り紙、和紙、塩を使って「縁切りのおまじない」をしましょう。
まず、白い紙コップに赤ペンでお姑さんのイニシャルを書きましょう。
そして、赤い折り紙に(同じく赤いペンで)お姑さんの嫌な部分を全部書き出します。
全て書き終わったら、折り紙を丸めて、紙コップの中に入れましょう。
そして、歯磨きのブラシ(柄の部分)で、紙コップの底をコンコンと数回叩きます。
紙コップを叩くたびに、「お姑さんの嫌な部分、マイナスの部分」が、コップの中に移動しているところを想像します。
嫌な部分が、全部紙コップの中に入ったと感じたら、紙コップと赤い折り紙、 たっぷりの塩、歯ブラシを和紙に包んで、不燃ゴミとして捨ててください。

顔を合わせなくなる!姑と縁切り出来るおまじない

このおまじないをすると、嫌いな姑さんとは、ほとんど顔を合わせなくなるでしょう。
おまじないをして数週間過ぎると、いつの間にか「自然な形」で、縁切りが成功しているはずです。
また、おまじないをした後は、姑さんの嫌な部分が気にならなくなります。
赤ペンは、姑さんとの縁を燃やす「火や炎」のエレメントを象徴しています。
また、歯ブラシは自分の中にある「マイナスのエネルギー」を消し去るアイテムです。
今まで使っていたものを(おまじないに)使えば、古い縁をそのまま捨てることができます。
紙コップの紙は、木のエレメントを表しています。
木のエレメントが腐れ縁を土の中に返し、循環・浄化させてくれるでしょう。
また、紙コップの白色が「姑さんとの縁を白紙にする」効果を持ち、縁切りには高い効果を発揮します。
古くなったエネルギーは、塩と和紙の浄化パワーで、消滅することが可能です。
このおまじないをする上での注意点について。
おまじないの注意点ですが、塩の使い方です。
ここでは、家で使っている粗塩もしくは、食卓塩でOKですが「塩をたっぷり」使うようにします。
おまじないで使う塩は「清め塩」の役割を果たします。
このため、塩の量が少なければ、浄化のパワーが落ちてしまいます。
塩は(カップ2分の1程度)多めに用意しておいてください。
おまじないの塩を多めに用意しておけば、お姑さん以外にも、小姑や親戚で「苦手な人」にも、このおまじないをかけることができます。
塩を多めにすれば、嫌な相手と縁切りができ、スッキリとした気持ちになるはずです。
そして、捨て方の注意点ですが、捨てる際には和紙をビニール袋で包んでから捨てるようにしましょう。
ゴミ袋の中でバラバラになると、おまじないの道具が和紙からはみ出てしまう(浄化のエネルギーが漏れやすくなる)ので注意してください。

おまじないメニュー



オススメの占いサイト
  • 灯りの部屋
    灯りの部屋

    驚愕の的中率を誇る本格占い!ベテラン占い師があなたに語るアドバイスとは!?24時間いつでも気軽に鑑定できるメール占いです。

    初回無料で試してみる!»
  • もうひとつの運命
    もうひとつの運命

    解消できない不安や悩みが、あなたにはあるでしょうか?「もうひとつの運命」では、あなたが人生の中で選択することのなかったもう一つの未来を解き明かし、同じ過ちを繰り返さないよう、あなたを明るい未来へと導きます!

    初回無料で試してみる!»