塩を利用したおまじないで悪運を持った友人と縁切り出来る!

自宅にある道具を使って、嫌な友人との「縁切りのおまじない」をしてみましょう。
用意するものは塩、ガラスのコップ、マッチ、人形を使います。
まず、作っておいた「ヒトガタ」を1枚手に取り、自分の名前を(縦書きで)書きましょう。
そして、自分のヒトガタを使って、頭や肩、体のいたるところをなでるようにします。
もう1枚のヒトガタには「縁切りしたい」相手の名前を書いてください。
して、塩をひとつまみ手に取り、自分のヒトガタと、相手のヒトガタにそれぞれ(塩を)3回ずつ振りかけるようにします。
次に、ガラスのコップに2枚のヒトガタを入れ、マッチの火で燃やしてください。
途中で燃えない部分があっても構いません。
火で燃やしたら、残りかすは自宅や公園など、人気の無い場所で土に埋めましょう。
これで、あなたと「縁切りのおまじない」は終了です。

開運出来る!塩を使った縁切りおまじない

このおまじないを行うと、悪縁を絶ちきり、開運をすることができます。
また、自分を守護するパワーが強まり、悪運をもった友人との縁切りができます。
ヒトガタは、自分の身代わりになって、悪運や厄を払い落とすパワーを持っています。
縁切り以外にも落としたい悪運や厄があれば、ヒトガタを使えばOKです。
ヒトガタが身代わりになって、マイナスエネルギーを浄化します。
スッキリした後は、別の「良縁成就に効くおまじない」をすると良いでしょう 。
塩には、浄化のパワーがあります。
粗塩を使うだけでも、大きな厄払いや悪運除けの効果を発揮してくれます。
「最近ツイてないな」と感じたら、塩をひとつまみ手に取り、右の肩と左の肩に、それぞれ3回ずつ振りかけるようにしましょう。
これで、心と体がスッキリするはずです。
このおまじないをする上での注意点について。
おまじないをする際の注意点ですが「おまじないをする時間」に注意してください。
おまじないをする時間は、日中明るい時間帯に行いましょう。
最も避けたいのは、夕方から深夜、夜〜朝の暗い時間帯です。
太陽の出ていない時間におまじないをすると、悪いエネルギーが集まってしまい、おまじないの効果が悪い方向へと流れてしまいます。
例えば、縁切りをしたのに、余計に「悪運を持った相手」とのつながりが強くなるなど、困った結果を招いてしまいます。
おまじないに最も良いのは、朝8時〜昼の間、夕方15時頃までの時間帯がベストです。
縁切りをするなら、この時間帯に行うようにしましょう。
時間帯さえ間違えなければ、友人との縁切りだけでなく「苦手な相手をイメージ」し、このおまじないをしてもOKです。
縁切りのパワーで、苦手な相手が寄ってこなくなります。

おまじないメニュー



オススメの占いサイト
  • 灯りの部屋
    灯りの部屋

    驚愕の的中率を誇る本格占い!ベテラン占い師があなたに語るアドバイスとは!?24時間いつでも気軽に鑑定できるメール占いです。

    初回無料で試してみる!»
  • もうひとつの運命
    もうひとつの運命

    解消できない不安や悩みが、あなたにはあるでしょうか?「もうひとつの運命」では、あなたが人生の中で選択することのなかったもう一つの未来を解き明かし、同じ過ちを繰り返さないよう、あなたを明るい未来へと導きます!

    初回無料で試してみる!»