トップ
»
復縁
»
最強
»
赤い画用紙

赤い画用紙を使ったおまじないでエネルギーを蓄え復縁を成功させる

赤い画用紙、ペットボトル、土(カップ一杯分)赤いクレヨン、金色の折り紙、スティックのりを使った「復縁のおまじない」です。
まず、赤い画用紙を2枚用意してください。
そして、赤い画用紙にクレヨンで次の文字を書いてください。
「縁と円」紙の真ん中に書いたら、「のりを使って」金色の折り紙で文字を隠すように(折り紙)を貼り付けます。
次に、赤い画用紙の角(4カ所)を手でちぎりましょう。
ペットボトルを取り出したら、ちぎった紙をボトルの中に入れます。
次に、用意しておいた土を、ペットボトルいっぱいになるまで入れてください。
最後に、ペットボトルの蓋をして、そのボトルを自宅の南側の部屋(日の当たる場所)で1日置いておいてください。
これで、おまじないは終了です。

決意が固まる!赤い画用紙を使った復縁おまじない

このおまじないをすると、復縁に対しての決意が強くなり、復縁に必要な気力やエネルギーを蓄えることができます。
勇気や復縁の後押しが欲しい女性はぜひ、このおまじないを試してみてください。
赤い画用紙は、恋愛の中にある「情熱」を意味します。
土は「誕生」を意味し、赤いクレヨンの色は、大地の持つエネルギーと「再生」を象徴するアイテムです。
金色の折り紙は、キラキラとした「陽のエネルギー」を持つアイテムで「生命の豊かさ」や「実りある関係」を表しています。
このおまじないをすると、31日目の晴れた日(雨や曇りの場合は翌日)から、復縁のエネルギーが働き始めます。
時間が掛かるおまじないですが、その分、復縁の効果は絶大です。
どうしても復縁したい相手がいれば、強力なおまじないのパワーが、あなたの恋愛を成就へと導いてくれます。
このおまじないをする上での注意点について。
おまじないをする時の注意点ですが、日の当たる場所にペットボトルを置く場合は、ボトルが熱くならないよう注意してください (夏場は火傷しないようにしましょう)また、ボトルの中は汚れていないよう、洗ってキレイにしておいてください。
ボトルの透明度が高ければ、そしてボトルの中が美しいほど、おまじないの効果は出やすくなります。
また、おまじないをする前には「おまじないをする場所」を浄化しておきましょう。
サンダルウッドのお香を焚いたり、清め塩を置くか、クリスタルチューナーの音を当てて、空間全体を超過しておいてください。
空間がクリアになれば、おまじないの効果はより速く、強くでるようになります。
クリスタルチューナーがなければ、クリスタルチューナーの音を集めた音源(CDや動画)を使っても構いません。


オススメの占いサイト