玉ねぎを使った復縁おまじないで再度ロマンチックな関係を築こう

玉ねぎ、牛乳、ペパーミントの葉、白い折り紙、緑色の色鉛筆、麻糸を使った「復縁のおまじない」を紹介します。
まず、緑色の色鉛筆を手に取り、白い折り紙に次の言葉を書いてください。
"" vert et verte, mon coeur et notre coeur"" 次にペパーミントの葉と玉ねぎを取り出し、 白い折り紙の真ん中に置き、次の呪文を唱えてください。
「ベール・エ・ベルト・モン・クール・エ・ノートル・クール」3回唱えたら、紙をクルクルと丸め、2本の麻糸で紙を筒状になるよう縛ります。
糸の縛り方は、どのような形でもOKです。
筒を手にしたら、牛乳の入ったグラスを7回コンコンと叩き、先程の呪文を7回唱えましょう。
おまじないが終わったら、三回目を閉じて深呼吸をしてください。
これで、復縁のおまじないは成功しました。

恋愛感情が復活!玉ねぎを使った復縁おまじない

このおまじないを行うことによって、お互いの恋愛感情が復活し、彼と「ロマンチックな復縁」や「ドラマチックな再会」を果たすことができます。
玉ねぎには、魔除けの効果があり、牛乳には、恋愛運や家庭運をアップさせる効果があります。
また、牛乳の白い色は、潔白を意味し、彼との復縁を後押しする「プラスエネルギー」が含まれています。
ペパーミントの葉には、浄化と新しい恋を呼び込むエネルギーが、白い折り紙には「全てを包む優しさ」のエネルギーが込められています。
緑色の色鉛筆は、自然界と繋がるエネルギーがあり、麻糸には過去の浄化、現在の繁栄を意味する、強力なプラスエネルギーが含まれています。
おまじないをして早ければ、一週間以内には、良い効果が表れるはずです。
彼の行動をよく観察してみてください。
このおまじないをする上での注意点について。
おまじないの注意点は「使う相手を良く選ぶこと」です。
このおまじないは、強力なおまじないです。
このため「将来を共にしたいと」感じる異性にだけ、限定して使うようにしましょう。
おまじないのパワーが長く続くため、本命の相手でなければ、将来苦労することになります。
復縁したい相手をしっかり見極めてから、おまじないを行ってください。
また、おまじないに使った食材は、そのまま捨てないようにしてください。
使った食材を「おまじないをした」本人が食べることで、おまじないのパワーはより一層強いものとなります。
おまじないが終わったからといって、大切な食材を捨てるのはNGです。
おまじないの効力が無くなるので、必ず(当日もしくは翌日)には「料理として役立てる」ようにしてください。


オススメの占いサイト