新月に行うと復縁成就出来るおまじないを行なってみよう

枕、白いレースの布、金色のブレスレット、四葉のクローバー、赤い刺繍糸を使った「復縁のおまじない」です。
まず、新月の日に合わせて、毎日使っている枕の上に、白いレースを敷いてください。
その上に金色のブレスレットを置いて、次の呪文を唱えましょう。
「ドール・ダンティーユ・モンレーヴ・アリーブ」呪文を8回ずつ、3セット唱えてください。
次に四葉のクローバーを手に取り、赤い刺繍糸でクローバーとブレスレットをつなぎ止めてください。
どのような結び方でも構いませんが、必ず「糸とクローバーが取れない」ように、しっかりつなぎ止めます。
最後は、白い布で、四葉のクローバーと結んだブレスレットを包み、枕の下に置いてください。
夜、そのまま一晩眠ると、夢の中で彼と仲直りができます(夢を覚えていない場合でも、きちんと願いが届いているのでOK)。

復縁のために新月を利用したおまじないに挑戦!

このおまじないを行うと、復縁したい相手に「寂しい気持ちを芽生え」させ、だんだんと自分のことを思い出してもらえるようになります。
またおまじないをすると、夢の中で、復縁したい相手と再会できます。
夢を覚えていない場合でも、きちんと相手のハートにあなたの心が届いているので、心配はいりません。
枕には「夢を通じて願いを叶える」意味が込められています。
白いレースの布は「乙女の祈り」を象徴し、女性の復縁や恋愛をサポートする存在です。
金色のブレスレットは、宇宙の「黄金の豊かさ」を象徴するアイテムです。
また、ブレスレットのチェーンは、男女の仲を繋ぐ働きを持っています。
四葉のクローバーは幸福を意味し、赤い刺繍糸は赤い糸で相手との縁を繋ぐ働きをします。
自然消滅した恋、喧嘩別れした元カレとの復縁に、このおまじないを試してみてください。
このおまじないをする上での注意点について。
おまじないの注意点は、枕の取り扱い方です。
おまじないに使う枕は、天日で干してから使いましょう。
干さないまま使うと、汗などの負のエネルギーが残りやすく、おまじないの効果が薄くなります。
また、おまじないをした後の枕は、良いエネルギーが消えないように、こまめに「太陽の光」を当てるようにします。
良いエネルギーは、太陽の光で増幅されていきます。
反対に、陰のエネルギーが籠もったまま何日も使い続けると、寝ている間にマイナスのエネルギーを引き寄せてしまいます。
良い状態で眠れるよう、こまめに枕を干すようにしましょう。
まくらを大切に扱えば(早ければ14日を過ぎる頃には)復縁の効果が出ているはずです。
新月の「復活を象徴」するエネルギーが、あなたを強力にサポートしてくれるでしょう。

おまじないメニュー



オススメの占いサイト
  • 灯りの部屋
    灯りの部屋

    数々の有名人も利用している人気の当たる占い!このうらないサイトでは、なんと50年以上のベテラン占い師が在籍!人生の師範が語るあなたに向けたアドバイスとは!?24時間いつでも気軽に鑑定できるメール占いです。

    初回無料で試してみる!»
  • もうひとつの運命
    もうひとつの運命

    解消できない不安や悩みが、あなたにはあるでしょうか?「もうひとつの運命」では、あなたが人生の中で選択することのなかったもう一つの未来を解き明かし、同じ過ちを繰り返さないよう、あなたを明るい未来へと導きます!

    占いを無料で試してみる!»