デートに誘われたい片思いの女子必見!おまじないを試そう!

「好きな人がいるけれど、デートに誘う勇気がなくてなかなか言い出せないのでできたら向こうから誘って欲しい…」「遊びに行く約束をすることはあるけれど、いつも自分から誘ってばかりだから向こうからも誘ってもらいたい…」そんな時はローリエを使ってデートに誘ってもらうおまじないをしてみましょう。
ローリエの葉を一枚、グラスに注いだいちごミルクに浮かべます。
次に金平糖を好きな人の名前と同じ数(ヤマダタロウなら6個)だけお皿に出し、グラスの隣に置いて下さい。
目を閉じて好きな人のことを思い浮かべ、「デートに誘ってくれますように」と強く念じたら金平糖を一度に全部口に入れて食べてしまいます。
食べ終わったらいちごミルクを飲み干し、残ったローリエを土に埋めます。
食べたり飲んだりする間も相手のことをずっと考え続けるようにしましょう。

片思いの彼からデートに誘われる奇跡のおまじない!

いちごミルクと金平糖の甘みは人間が活動する上でのエネルギー源でもあり、”甘い”という味は仲の良い恋人同士の関係の象徴です。
いちごの甘酸っぱさを包み込むミルクの味も、素敵な恋を連想させますよね。
いちごミルクと金平糖の両方を口にすることで、恋愛関係の進展を助けるパワーを体に取り込むことができます。
ローリエは月桂樹とも言い、ギリシャ神話では太陽神アポロンに求愛された妖精ダフネは最終的に月桂樹に姿を変えています。
アポロンも結ばれはしなかったものの、永遠の愛の証としてダフネの樹から摘んだ月桂樹の枝葉で冠を作り、永遠に身に着けています。
月桂冠は勝利と名誉の意味を持ちますが、男性から強く愛され続けることの象徴とも言えるのです。
デートニ誘われるだけでなく、両思いになることも期待できるおまじないです。

おまじないメニュー



オススメの占いサイト