出逢いを引き寄せる魔法のおまじないで、モテる女子になろう!

恋をするのも恋に落ちるのも、まずは恋する相手との出会いがなければ始まりません。
恋がしたいけれど出会いがない…周りに異性はいるけれど何かが違う…理想の人に巡り会いたい…恋が始まるチャンスが巡ってくるように、運命の人との出会いをもたらすおまじないをしましょう。
5cm四方くらいの紙を用意し、赤いボールペンで理想の異性のイメージを書き込みます。
相手の姿を想像しながら具体的に書くことがポイントですが、読みやすい字で紙に収まるようにして下さい。
新品の消しゴムから紙のスリーブを取り外し、彫刻刀で消しゴムに六芒星(正三角形△と逆三角形▽を組み合わせた形。
ヘキサグラムとも呼ばれます)を彫ります。
彫り終わったら先ほどの紙を何も書いていない面が外側になるように折り、消しゴムのスリーブの代わりにかぶせてテープで留めます。
このとき六芒星が紙に隠れるようにして下さい。
この消しゴムを使い切る頃には素敵な良縁が舞い込んで来て、恋がスタートしていることでしょう。

モテるおまじないは出逢いをたくさん引き寄せる!

赤色は愛情や炎のような情熱を表す色でもあり、血液や生命力の強いエネルギーも意味します。
また運命の男女は赤い糸で結ばれていると言われるように、赤色は良縁の色と言っても良いかもしれません。
紙に赤色で書き記すことにより、理想の異性を引き寄せることが出来ます。
ただあまりにも理想が高いと、それに適った人間はそう簡単にはいないので結局は「出会いがない」という結論に繋がります。
小さな紙に収まるように書くのは欲張り過ぎないためでもあるのです。
消しゴムに彫る六芒星は魔除けのお守りとして古くから使われてきました。
陰と陽、表と裏といった反対のものが一体となって調和することを象徴する形であり、これに男性と女性も含まれると考えられます。
六芒星のパワーを最大限にできるよう、彫る時は一筆書きの順序で彫るようにしましょう。

おまじないメニュー



オススメの占いサイト